社団法人 大阪中国帰国者センター 本文へジャンプ
12月のスナップ
姫路城見学  交流クラス


12月5日に交流クラスの
学生と地域の方、引率の総勢
66名で姫路城見学へ行きました
姫路城大天守修理見学しせつ
「天空の白鷺」を見学しました

昼食は皆で
「穴子めし弁当」をおいしくいただきました

午後は明石市の
「魚の棚」を見学し帰路の途につきました。
66期 歌唱指導


歌の先生に日本の歌を
指導していただきました

「あいうえおつきさま」
「千の風になって」





「花」は
手話をしながら歌います







最後はいつもの
「河内音頭」の踊りを
教えていただきました


 66期 和服体験
今回は自立の学生と
パソコン、交流の学生が
和服を初めて着ました
学生たちは長年の夢がかなったと
とても喜んでいました


茶話会では
学生が一人一人自己紹介をした後に
着物を着せてくださったボランティアの方に色々質問をします

今回の質問
問:和服は「呉服」とも言いますが、
  それは何故ですか

答:古代中国の呉の国から伝わった   織り方によって作った織り物のこと  を呉服と言っていたのが、和服の   織物の総称になった


  餃子作り  井高野教室
 
 井高野交流クラス

 学生と地域方たちと一緒に
 餃子作りをしました

 地域の方の中には水餃子を
 食べたことがない人もおり
 帰国者から水餃子の作り方を
 一から教えてもらいながら
 初めての皮作りに奮闘していました

 





 おいしくできた水餃子を
 楽しくお話ししながら
 みなさんお腹いっぱい食べて
 大満足だたようです。